ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。演奏家写真フォトスタジオ@初台店主、長澤直子です。のしあがり日記、本音で書いてます。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。趣味の着物リメイク,手芸,ワードプレス,各種デザインなど、もう何でもありです。

ブログ統計情報

  • 28,360 アクセス

人気の投稿とページ

舞台に立つということ。ライブの魅力。
撮影の金額に思うこと。正直な話、金額自体はどうでも良いです。理想のお客様に出会うために・・・✨
名刺がない!フリーフォトグラファーが名刺を作る際に、絶対に入れた方がいい項目とは何か?
演奏する表情

© ときめきオペラ All rights reserved.

20147/21

写真を「学ぶ」って、具体的にはどういうことですか??

昨日のブログで、スクール時代、ひたすら写真の勉強に励んだ・・・なんて書きましたが・・・。そもそも、写真の勉強って、何をするんでしょうかね。私が通ったのは、専門学校のようなところではなかったので、露出が~とか、構図が~とかいうような、「講義」は一切ありませんでした。2人一組になって、「はい、お互いをモデルにして撮ってみて!」・・・と始まります。「そんな方法はけしからん、第一、それでは、講師は何も教えてないじゃないか!」とか、お怒りの方もおられるでしょうが、人物専門でやって行こうと決めていた私にとって、それは、大変に有意義な勉強方法でした。女性を美しく撮るということは、写真撮影において、基本中の基本。それが、気兼ねなく撮り放題というのですから!もっと素晴らしいことは、自分もモデルにならなければいけないということもあり、撮られる側の「痛み」みたいなものもわかるんです。今思い返してみても、この「痛み」がわかるとわからないとでは、大きく差がつくように感じます。お相手あっての写真ですものね。DSC_1146露出や構図も確かに重要ではあります。が・・・そういうものは、今やネットにだって、沢山書かれている。でも、私がこの「授業」で学んだことは、他では決して得ることのできない、写真で喰うために、最低限持っているべき心構えのようなものでした。

一つの芸術のジャンルとして見た場合にも、自分の思いや過去に経験したこが、写真には、全て色濃く反映される。そう考えれば、写真を学ぶのと同じほどに、私にはオペラをより深く理解することが重要です。何だかんだ言って、結局はそこ、って話ですけどね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20205/16

物撮りチャレンジサンプル集

http://tokimeki.opera-view.net/?p=5212 …

思いついたらすぐチラシ❣アイデアはすぐに、何かに書く。電話相談始めます❣

こちらのブログやツイッターもそうですが、アイデアを思いついたらそのままにせず、すぐに何かに書く。忘れっぽいのですよ・・・。 そして、…

ページ上部へ戻る