ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。演奏家写真フォトスタジオ@初台店主、長澤直子です。のしあがり日記、本音で書いてます。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。趣味の着物リメイク,手芸,ワードプレス,各種デザインなど、もう何でもありです。

ブログ統計情報

  • 29,843 アクセス

人気の投稿とページ

クリスティーナ・ドイテコム(ソプラノ)、82歳の生涯を閉じる
プロは「いいわけ」をしない。「いいわけ」をしないのがプロ。

© ときめきオペラ All rights reserved.

写真≠錬金術ということを忘れがちな人たち

時々、無理難題を持ちかけて来るお客様があり、不思議に思います。写真は錬金術ではないので、卑金属から貴金属を作り出すようなことは、そもそも無理なのです。

最初から汚く撮ろうとする人はいないでしょうが、そこにあるものしか写し出せないので、どう頑張っても疑問と思えるほどの効果を期待されるのは如何なものか・・・。

今まで、人物や舞台だけで来てしまったので、あまり問題にしていなかった。ところが物撮りだと、「主役」以上に、「主役がどこに置かれているか」が重要になります。それなのに、大体の方は、主役の「物」にしか注意を払わないので、背景を整えることが出来ずに、「修正で直してほしい」となることがあるんですね・・・。切り抜きなら切り抜き用にやりますが、そうではなく、汚い(⁇)背景を奇麗にする修正となると、かなりの時間を要します。

はい、勿論出来ます。・・・が、修正にかかる時間の分の請求を理解してくれない方には、ほとほと参ってしまいました。ああしてこうしてと、無理難題を吹っかけておいて、費用がかからない範囲でやってくれと。だから錬金術じゃない、って言っているのです。別に、儲けたいからとかではなく、本当に時間のかかることだから、別料金ですよ、と言っています。そもそも、うちは修正やじゃないし、いっそ他に頼んで欲しい。そうすれば、如何におカネと時間のかかることか、少しは理解して頂けるかもしれないです。

しかし、元々おカネを払う気がないのだから、何を言っても無駄というものでした。金輪際近づかないに限りますね。


長澤直子フェイスブック(お友達申請,フォローはお気軽にどうぞ)

長澤直子ツイッター(フォローどうぞ)

長澤直子インスタグラム(フォローどうぞ)

電話相談始めます❣

写真撮影について疑問に思っている
あんなことやこんなこと
プロの写真家に聞いてみよう!
匿名質問OK!

毎週火,水,木曜日
20時~20時30分

ご質問には、即答できない場合がございます。
個人的なご質問,撮影のご予約はご遠慮ください。
ご質問の内容と当方からの回答は、公式サイト等でご紹介させて頂く場合がございます。
当企画は、予告なく終了する場合がございます。
最新の実施状況は、長澤直子ツイッターにて告知致します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MODELS WANTED―GREAT OPERA SCENES

作品のモデルを務めていただける方を募集しています。オペラを題材とした写真作品集 GREAT OPERA SCENES(仮称)の作成を予定し…

ページ上部へ戻る