ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。演奏家写真フォトスタジオ@初台店主、長澤直子です。のしあがり日記、本音で書いてます。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。趣味の着物リメイク,手芸,ワードプレス,各種デザインなど、もう何でもありです。

ブログ統計情報

  • 29,456 アクセス

人気の投稿とページ

生涯オペラチャレンジ❣❣❣❣❣
MODELS WANTED―GREAT OPERA SCENES
オペラ作品を選ぶ難しさ―GREAT OPERA SCENES
はじめまして!オペラグラファーの長澤直子です
もしも、自分の死期がわかっていたら
演奏する表情
写真を通してしか伝えられないもの。―気分はタチヤーナ。メール1通の送信に2時間半かかる・・・😿
思いついたらすぐチラシ❣アイデアはすぐに、何かに書く。電話相談始めます❣
レタッチに思うこと。全ての人は、皆美しい。自信をもって、大切にして頂きたいなぁと。
おカネを増やすには、おカネを使うしかない⁉という発想。お客様のためにも、余裕あるいい仕事をしたいから・・・。

© ときめきオペラ All rights reserved.

まず第一に「自分が楽しい」ことをしよう

仕事にした途端、良い写真を撮れなくなる・・・という人がいます。
写真に限らず、歌でも楽器でも同じことが言えると思うのです。

こういったジャンルを仕事にするということは、仕事=おカネを稼ぐ手段ということだけではないと思います。
職業として写真(とか歌,楽器etc.)を選んだ・・・ということはもちろんそうなのですが、そもそも、写真によって何かを表現したいという衝動が先にあったわけですよね。

しかし、仕事をするということは、依頼主の指示通りに撮るということ。
自分独自の表現というものは、依頼された仕事の中では、中々出しづらいものです。
おカネも頂いていますので。

写真によって何かを表現したいという人たちが、それをおカネを稼ぐための手段にしてしまった場合。
結局は仕事が楽しくなくなり、辞めてしまう。
そういった方々は、知り合いの中にも沢山いました。

仕事はもちろん大事だけれど、その前に、まず自分が楽しいかどうかということが、もっと大事なことだと思いました。
自分が楽しくなければ、つまらない写真ばかりになってしまい、結局は写真自体を嫌いになってしまうかもしれない。

まずは自分が続けていく楽しさを一番に考え、その上で、仕事として成立することを目指そう・・・。
そう決めました。

今の私で言えば、スタジオの維持費や売上はもちろん気がかりです。
しかし、いかに取り返すかということばかりを考えていては、とても楽しいとは思えません。

まず第一に「自分が楽しい」こと。
そうでなければ、何事も長くは続きません。

※写真は記の内容とは無関係です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MODELS WANTED―GREAT OPERA SCENES

作品のモデルを務めていただける方を募集しています。オペラを題材とした写真作品集 GREAT OPERA SCENES(仮称)の作成を予定し…

ページ上部へ戻る