ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。演奏家写真フォトスタジオ@初台店主、長澤直子です。のしあがり日記、本音で書いてます。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。趣味の着物リメイク,手芸,ワードプレス,各種デザインなど、もう何でもありです。

ブログ統計情報

  • 29,346 アクセス

人気の投稿とページ

鬼大爆笑?2022年以降のオペラカレンダープロジェクト
オペラ作品を選ぶ難しさ―GREAT OPERA SCENES
壊れた電子レンジが捨てられない、本当の理由。
MODELS WANTED―GREAT OPERA SCENES
切り抜きに便利なサイト2つ

© ときめきオペラ All rights reserved.

201711/8

一つ見ると、それだけで色んなものが体験できる。 そういうところが、オペラの魅力でもあるんですよね。

昨日は、日生劇場で行われた「舞台フォーラム」に行って来ました。
本日(11月9日)からの一般公演を前に、「ルサルカ」の舞台を、演出家チームが種明かし?!という太っ腹ぶりが嬉しいです。

演出家の宮城さんのオペラ原体験や、舞台装置と舞台空間構成の違い、衣装や照明についてなどなど、興味深いお話の数々。

最後には、実際の舞台装置を間近で拝見!
参加者の皆さんが、名残惜しそうに劇場を後にして行くのが、また印象的でした。
というわけで、オペラ好きでなくても、舞台好きなら、とても興味深いイベントでした。

オペラって、客席で見てるだけでももちろん楽しい。
でも、その作り上げる過程をちょっとだけ覗いてみると・・・。
沢山の方々が関わって、一つの作品が出来ているということがわかります。
歌手、指揮者、演出家、オーケストラ、etc.etc.・・・。
だから、一つオペラを見ると、それだけで色んなものが体験できる。
そういうところが、オペラの魅力でもあるんですよね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MODELS WANTED―GREAT OPERA SCENES

作品のモデルを務めていただける方を募集しています。オペラを題材とした写真作品集 GREAT OPERA SCENES(仮称)の作成を予定し…

ページ上部へ戻る