ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。演奏家写真フォトスタジオ@初台店主、長澤直子です。のしあがり日記、本音で書いてます。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。趣味の着物リメイク,手芸,ワードプレス,各種デザインなど、もう何でもありです。

ブログ統計情報

  • 30,429 アクセス

人気の投稿とページ

骨折り損の役立たず
もしも、自分の死期がわかっていたら
壊れた電子レンジが捨てられない、本当の理由。
物撮りチャレンジ中。ワインボトルの撮影が続いています🍀
目的を見失わないために。大は小を兼ね・・・ない場合もある!
祝!開店一周年♪演奏家写真ドットコム♪未来の輝きにフォーカス!魅力発信型フォトスタジオ・舞台写真
昨夜も、夢の中で仕事をしていました
のぞき窓
金魚鉢の中のキリギリス
2014年7月27日 アデルソンとサルヴィーニ

© ときめきオペラ All rights reserved.

20147/22

金魚鉢の中のキリギリス

シャッターの音を消すには??ーーー「透明人間」になる方法の②ですが、本番中は

こういうところ↑に潜んでいるわけですね。あっいえ、盗撮とかではないですよ。事前に許可がないと入れない場所ですから(念のため)。しかし、ここがまた、意外に居心地が良いのです。何と言っても、音の心配なく「撮り放題」できるのは嬉しいです!!!(笑)(笑)(笑)ただし、良い点もあれば、悪い点もある。一つは、舞台からの音(声)が、ほとんど聴こえないということです。扉の向こうの仕切られた場所ですから、当たり前といえば当たり前です。モニターできる場合もありますが、スピーカーを通しての音(声)は、どうも、違和感を感じてしまう。そんな時、経験と勘が、大いに自分を助けてくれる。もう一つの欠点は、「反射」です。ガラス越しの撮影ですから、反射は避けられません。この対処法としては、周囲を暗く保つことと可能な限り、レンズをガラスに近づけることです。

それから、この部屋では、大体は一人きりということはありません。照明操作用(または音響操作用など)のブースの一部をお借りするということですから、舞台スタッフの方には、いつも多大なご協力を頂いているといえます。また、時々、他のカメラマンの方と、一緒になることもあります。時には、合唱指揮の先生が、ペンライト持参で振りに来ることもあったりと、舞台を裏で支える方々に混じっての作業に、大きな遣り甲斐を感じてしまうのでした。これだから、音楽写真は辞めれませんね♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MODELS WANTED―GREAT OPERA SCENES

作品のモデルを務めていただける方を募集しています。オペラを題材とした写真作品集 GREAT OPERA SCENES(仮称)の作成を予定し…

ページ上部へ戻る