ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。photographer_naokoのアタマの中。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。

写真を「聴く」ーーー見えないシャッターチャンス①

time 2014/07/03

良く、シャッターチャンスを「ものにした!」とか「逃した!」とか言いますよね。オペラの場合、シャッターチャンスってどこだと思われますか。そんなの「聴きどころと同じ箇所に決まってるじゃない・・・」というご意見もありましょうが・・・実は、そうとばかりも言い切れないのです。

「聴きどころ」といったら、その曲の中で、一番盛り上がる部分。いわゆる「サビ」ですね。

「足利オペラ・リリカ」発足記念公演 《蝶々夫人》  蝶々さん:大隅智佳子

「足利オペラ・リリカ」発足記念公演 《蝶々夫人》より
蝶々さん:大隅智佳子

オペラ写真を始めて間もないころは、感動のままに、シャッターを押していました。まだそのころは、疑いなく、「耳に心地良い部分=絵にしても美しい」と認識していたのです。ところが、数回でも実際に経験してみると、いかに自分が間違っていたかということに気づきます・・・。

あぁ、「聴く」のと「撮る」のは大違い・・・(涙)

コメントを残す

ドレスリメイク

書籍