ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。演奏家写真フォトスタジオ@初台店主、長澤直子です。のしあがり日記、本音で書いてます。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。趣味の着物リメイク,手芸,ワードプレス,各種デザインなど、もう何でもありです。

ブログ統計情報

  • 29,843 アクセス

人気の投稿とページ

はじめまして!オペラグラファーの長澤直子です
フォトスタジオのサイトなのに、見本写真が一枚も無い!演スタのサイトに写真が無い、本当の理由。
扇風機があった・・・。
クリスティーナ・ドイテコム(ソプラノ)、82歳の生涯を閉じる
プロは「いいわけ」をしない。「いいわけ」をしないのがプロ。

© ときめきオペラ All rights reserved.

20182/9

A面(フォトグラファーナオコ)を考える

2018年2月28日(水)に、滋賀県の「奏美ホール」で、出張ポートレート撮影を致します。今しがた、募集を開始しました。

さて、タイトルが「遊ぼう」・・・となってますが、およそポートレート写真から遠いイメージかもしれないですねぇ・・・。

いぇ別に、不真面目ではないんですね。ただ、写真という仕事は、究極の「遊び」なんですね~、結局のところ。仕事ならではのキビシイ制約や作業内容は、そりゃぁもちろんあります。そこを真面目にやっているからこそ、やはり「商売」であって「プロ」なんです。
でも、「義務感」だけの仕事は、私にはとてもとても無理なので、やはり撮る以上は、まずは自分が楽しみたいです。ふざけた言いようと思われても仕方ないですが、自分自身が心から楽しめることでないと、私には撮れないです。撮れないというか、「これって自分に撮る意味があるのかな・・・」とか疑問に思ってしまう。そういう気持ちのまま、仕事だからと写真を撮るのは、本当に心が疲れます。そんな状態では良い写真など撮れっこないし、それでおカネを頂くのは、お客様に対しても失礼な気がする。

仕事って、「おカネを稼ぐため」だけのものではないです。
写真とオペラ。
私はこの2つの世界の間で生きているので、できれば両方の世界をこの先も良くしたい。たとえ収入にはならなくても、これらを身近に感じて頂くために情報発信する。そういう活動もプロの役割の一つだと思いますから。

そんな諸々の思いもあって、「遊ぼう」のタイトルを思い切って付けました。そして、そのタイトル通り、自分も「遊ぶ」のですから、自分でもおカネを払います。交通費とホール代金の一部を、私自身も負担しています。人間、自分が楽しむためにおカネを使うわけですからね。お気楽な人生です!


オペラ写真・フォトグラファーナオコのスタジオ情報

演奏家写真ドットコムは、新国立劇場やオペラシティより徒歩5分の場所に位置する、演奏家の方向けのフォトスタジオです。
音楽家の方々に安心してご利用頂きたいというコンセプトのもと、写真撮影のご相談からお試し撮影までを、無料で行っています。

次回の無料撮影相談会:2018年2月14日(水):完全予約制@初台フォトスタジオ

無料相談会の実施あり!2018年2月・スタジオ営業日カレンダー


ご予約・お問い合わせ:
050-3638‐0909/info@artistphoto.ciao.jp
人気コース:プロフィールコース:8000円(税別)

音楽関係者の皆さんのお役に立ちたいというのが演スタの「夢」。
万が一、写真の仕上がりにご満足いただけない場合、代金は0円です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MODELS WANTED―GREAT OPERA SCENES

作品のモデルを務めていただける方を募集しています。オペラを題材とした写真作品集 GREAT OPERA SCENES(仮称)の作成を予定し…

ページ上部へ戻る