ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。演奏家写真フォトスタジオ@初台店主、長澤直子です。のしあがり日記、本音で書いてます。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。趣味の着物リメイク,手芸,ワードプレス,各種デザインなど、もう何でもありです。

ブログ統計情報

  • 29,843 アクセス

人気の投稿とページ

クリスティーナ・ドイテコム(ソプラノ)、82歳の生涯を閉じる
プロは「いいわけ」をしない。「いいわけ」をしないのがプロ。

© ときめきオペラ All rights reserved.

困ったときの「数」頼み?スナップ写真撮影の本当の難しさとは

写真は瞬発力も必要ですが、忍耐も同じくらい重要だと、個人的には思っています。

私は今は、スタジオと舞台写真の両方をしています。それぞれの撮影に、違った「コツ」のようなものがあり、応用できる点と不可能な部分がある。双方に共通して言えることは、「これで完成」「これで良い」ということはない、ということでしょうか。そして、撮る側と撮られる側の好みも全く同じではないので、双方が納得の行く一点を得るためには、どうしても「数」を撮ることが必要なのです。

一般に、選択肢が少ないと、満足度も低いと思われる。沢山ある中から迷って選ぶのと、少ない中から仕方なく(?)これと決めるかの違い(笑)

舞台写真の場合、こちらから指示したりということは不可能だし、お相手の希望をその場で確認することが出来ないです。それ故、撮影枚数も膨大になります。同じシーンでも、一枚撮っておしまいではなく、最低でも、引きと寄りの2種類は欲しい・・・。欲を言えば、違う角度でも撮りたいところですが、大体の場合、自由に移動するということは出来ないので、やはり「数」で対策するしかない。じっと座って黙々と撮るのは、やはり忍耐です。

あぁでも、連射は違います。全く同じ写真が複数あっても意味無いです。

・・・というわけで、今日のイベントは40分程度でしたが、撮影枚数は800くらいでした。自分としては少ないです💦


長澤直子フェイスブック(お友達申請,フォローはお気軽にどうぞ)

長澤直子ツイッター(フォローどうぞ)

長澤直子インスタグラム(フォローどうぞ)

電話相談始めます❣

写真撮影について疑問に思っている
あんなことやこんなこと
プロの写真家に聞いてみよう!
匿名質問OK!

毎週火,水,木曜日
20時~20時30分

ご質問には、即答できない場合がございます。
個人的なご質問,撮影のご予約はご遠慮ください。
ご質問の内容と当方からの回答は、公式サイト等でご紹介させて頂く場合がございます。
当企画は、予告なく終了する場合がございます。
最新の実施状況は、長澤直子ツイッターにて告知致します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MODELS WANTED―GREAT OPERA SCENES

作品のモデルを務めていただける方を募集しています。オペラを題材とした写真作品集 GREAT OPERA SCENES(仮称)の作成を予定し…

ページ上部へ戻る