ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。演奏家写真フォトスタジオ@初台店主、長澤直子です。のしあがり日記、本音で書いてます。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。趣味の着物リメイク,手芸,ワードプレス,各種デザインなど、もう何でもありです。

ブログ統計情報

  • 29,843 アクセス

人気の投稿とページ

昨日は、何とも言えない一日。ホント、人生何が起こるかわかりゃぁしない。我家の新しい時代が始まる日のハ…
エアコン購入前に、2回もキャンセルした話
ついにエアコン&冷蔵庫の購入
舞台写真を撮るうえで、私が最も大切にしていることは
舞台写真を「記録」としか思っていない方へ
扇風機があった・・・。
仕事に埋もれてバースデイ
写真≠錬金術ということを忘れがちな人たち
オペラのために。具体的に自分に何が出来るのかなぁと考えてみた。
生涯オペラチャレンジ❣❣❣❣❣

© ときめきオペラ All rights reserved.

20176/13

哲学のない写真はつまらない。

かつては「特殊技能」だったものを、万人が享受できるようになった。
良いような悪いような時代。

皆簡単に、綺麗に写真を撮り過ぎるし、見せ過ぎる。

勿論、撮るな、見せるなと言うのではない。
しかし、どうせ撮るなら(見せるなら)、自分自身の「言葉であるもの」を出したいと思う。
写真とは、そのものが「どういう風に見えているか」という記録だけではなく、そこから「何を受け取ったか」というメッセージを伝える手段なのだ。

ただ記録的に「写している」だけでは気づかないかもしれないが、写真を撮るということは、完全に、アウトプットの作業だ。
構図や露出を計りながら、自分自身を写し込んで行く。
写真の最前面には出て来ないが、スパイスとして隠され、写真の中に散りばめられている。

予期せぬ失敗もあるだろう。
ここという瞬間に遭遇するまでに、長時間待ち続けなければならないかもしれない。
それにしても、失敗や苦労のない写真はつまらない

写真自体が生命を持ち、語りかけてくる。

そんな写真が一番面白い。
表面的にただ綺麗なだけで心が動くというものでは、決してないのだ。



*FB,twitterにいます♪フォローやお友達申請をお待ちしております(^^♪*
長澤 直子(FB)
operaview(twitter)


*初台でフォトスタジオやってます*
演奏家写真ドットコム


*魅力発信型オペラマガジン*
オペラ・エクスプレス


*オペラ写真誌準備中*
オペラ・フォトプレス

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MODELS WANTED―GREAT OPERA SCENES

作品のモデルを務めていただける方を募集しています。オペラを題材とした写真作品集 GREAT OPERA SCENES(仮称)の作成を予定し…

ページ上部へ戻る