ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。photographer_naokoのアタマの中。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。

【続】哲学のない写真はつまらない。考える写真。

time 2019/10/01

「哲学」と言っても・・・ソクラテスとかプラトンでは無しにですね・・・。
私の言う「哲学」とは、思考,考えくらいの意味あいです。

哲学のない写真はつまらない。


シャッターを押せば、とりあえず写真は写ります。

でも・・・
本当に、それだけで良いのだろうか・・・(←ホラ、哲学でしょ~??)
単に場面を追って撮って行くだけで、本当に良いのだろうか・・・??

オペラの舞台写真なので、演出意図を汲み,作品や主催者側にとって有益なもの、ということは最低条件です。
記録として、場面場面が正しく写っているというものは必ず要ります。
ただ、それで終わりではないんですね。
オペラグラファーとしては、その「先」が面白いのです。

そして「先」とは、オペラを越えるものではない。
オペラファンですから。


例えばの話、蝶々さんについて、考えに考え抜く。
その答えの一つを写真として表現する・・・というのが、やはり私の理想とするところでしょうか。


*FB,twitterでのフォロー,お友達申請をお待ちしております(^^♪*
長澤 直子(FB)
operaview(twitter)


演奏家の方からの各種写真撮影お待ちしております✨
初台のアットホームなスタジオで、アイデアと技術でおもてなしします。
個人商店の強みと、オペラファンの視点で、他店にはない、きめ細かなサービスをお約束。
演奏家の方が、ハッピーになれる写真スタジオです。

集合写真撮影始めました🍀
6~7名様くらいまで(Septetくらいまで)が可能です。
・楽器有は4名様(クアルテット)くらいまで

ご予約・お問い合わせフォーム

少しでも気になる方、お気楽にDMください~。
どのような些細なご質問でも、親切丁寧にお答え致します。

オペラの舞台写真が得意なオペラグラファー長澤直子・演奏家写真公式サイトはこちらです。
演奏家写真ドットコム

現役オペラファンによる、勘どころを押さえた写真が毎回好評です。
撮影後に、一枚一枚丁寧に明るさや色合いをチェック。
舞台での一度きりの瞬間を、写真が永遠に残します✨
ご予算が限られている場合も、お気楽にご相談ください。

コメントを残す

ドレスリメイク

書籍

舞台写真