ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。演奏家写真フォトスタジオ@初台店主、長澤直子です。のしあがり日記、本音で書いてます。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。趣味の着物リメイク,手芸,ワードプレス,各種デザインなど、もう何でもありです。

ブログ統計情報

  • 28,166 アクセス

人気の投稿とページ

どこでもスタジオ第2弾。 社員証用の写真撮影を社食で!
〇〇円~という金額の示し方に思うこと。消費者も利口にならないといけないですね。
今日も半日かかって、未だ見つからず。 撮影場所難民の日々・・・😿
写真を「学ぶ」って、具体的にはどういうことですか??
おうちスタジオの可能性を考える。写真を撮るということは、撮るための「場所」が、必ず要ります。
マッチングサイトに登録して分かった、たった一つのこと
ネットに上がっている写真に、うちのめされる。
容赦なく日々は過ぎ。ワインボトルの見本撮影に思うこと。
写真で喰えない(笑)フリーランスのメリットとは⁇
この、段ボール箱一杯に詰まったフィルムたちを何とかしたい!

© ときめきオペラ All rights reserved.

201712/11

とにかく何をおいても、まずは写真を撮ること

2回にわたり、写真についてあぁだこーだ書いてしまいましたが・・・。
結局のところ、写真って仕事は、遊びみたいなものです。

私の場合、根が真面目なので(←笑)、この「遊びみたいなもの」を受け入れるというかうまくかわすというかが、まず最初の難関でした。慣れや演技のようなものです。

「写真家」という響きは、何か一瞬カッコいい仕事のように思えます。ところが実際は、他人に何かお願いするのが一番の仕事といってもよいくらいです。OKかどうかは五分五分で、運とタイミング次第。断られても、こちら側だけの問題ではないことがほとんどなので、あまり大きくガッカリする必要はないです。事実と思って受け入れるだけです。
お互いがOKだと、やっと被写体に少しだけ近づく。あとは黙って押すだけですが、それは文字通りたったの一瞬なのです。

悔しいのは、そのお願いが通らないことには、何も自分を証明できないということ。写真という作品だけが自分を証明してくれるものなのですから。

だからとにかく何をおいても、まずは写真を撮ることなのですね。


イラレ独習2W目に突入しました。こちらの文字は、投稿の内容とは無関係です(;´・ω・)
・・・ということで、続きは明日。


*FB,twitterでのフォロー,お友達申請をお待ちしております(^^♪*
長澤 直子(FB)
operaview(twitter)

水曜日は無料相談会を実施!
演奏家写真ドットコム・12月のスタジオ営業日のご案内

2017年12月
12日(火)/13日(水)/14日(木)/15日(金)
18日(月)/19日(火)/20日(水)/22日(金)
25日(月)/29日(金)/30日(土)/31日(日)
宣材撮影に不安を感じている方に朗報! 毎週水曜日「無料撮影相談会」を実施
もう少し●●したら・・・
いつか〇〇になれたら・・・
と迷っている貴方へ!
無料相談会で、是非、一歩踏み出してみて下さい。
新しい世界が開けるかも。

ご予約・お問い合わせ:
050-3638‐0909/info@artistphoto.ciao.jp

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20205/16

物撮りチャレンジサンプル集

http://tokimeki.opera-view.net/?p=5212 …

思いついたらすぐチラシ❣アイデアはすぐに、何かに書く。電話相談始めます❣

こちらのブログやツイッターもそうですが、アイデアを思いついたらそのままにせず、すぐに何かに書く。忘れっぽいのですよ・・・。 そして、…

ページ上部へ戻る