ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。photographer_naokoのアタマの中。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。

© ときめきオペラ All rights reserved.

20162/5

4月1日に、スタジオをオープンします

契約もまだですが、開店の日にちだけ、さっさと決めてしまいました。2016年4月1日です。エイプリールフールですね・・・。でも、特に深い意味はありません。強いて言うなら、「もしも」の時にも、笑って終わりにしたいから。じんせい、何が起こるかわかったものではありませんものね。
10388143_706085979454198_6513033518875695071_nそういえば、スタジオの名前も、まだ決まっていません(汗)

のらりくらりとしゃしん撮り。
こんなことで大丈夫なのかしら。

まぁ、何事も、始めてみてから考えるということで・・・。悪いところは変えれば良い。
この先に起きることは、幾ら考えたところで、誰にも予測が出来ないのです。

今、ふと思い出しましたが、私が個人でしゃしん家として活動し出したのも、同じ「4月1日」でした。2005年のことです。早いもので、既に、10年以上が経過してしまいました。こんなに長く続くとは!これには、本人が一番ビックリしているかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

写真で損する。写真って損する。(涙)

http://tokimeki.opera-view.net/?p=2778 に書きましたが、 何で、こんな写真が撮れちゃうんだ…

おカネをかけて仕事をするということ「写真家」と「カメラマン」はどう違う??―――長澤の場合。

儲かるか儲からないかで決める 撮りたいか撮りたくないかで決める 今日は、ちょっとだけシリアスな投稿です。 仕事とは、単純に…

声楽家のイメージ 撮影用ドレスの制作

声楽家を写真で正しく視覚化することは、非常に難度が高いです。器楽奏者だったら、楽器を入れれば直ぐに理解して頂けますものね・・・。 他のジャ…

好きな人の写真を撮るのが好き

写真で幸せにしてあげたいと思って始めたのに、仕事にしたとたん、それができなくなった 悔しい お金がからむと狭まる …

20202/13

私がオペラの「写真」にこだわる理由➁「どうしてオペラは簡単には広まらないんだろう・・・」という素朴な疑問。

こちらの投稿は、私がオペラの「写真」にこだわる理由。「Axelみたいな写真を撮る人になる!」という密かな決意。から続いておりますǴ…

自分の出来ることでオペラを応援しよう

出来ることをしよう…

インスタのフォロワー整理 発信理由

http://xn--g7qu1qz2buw6aigj.com/archives/1123 http://tokimeki.ope…

20202/10

全体を見る写真

ついつい、大きく撮ろうとしてしまいます。 基本横位置です。 後ろから、全体を撮る。 全体を見る。小さくなるほど、写真は難しくな…

プロフィール写真に必要な、たったひとつのもの。余分に盛らない。

「その人らしさ」だと思うのです。 余分に盛らない。 「写真」の意味がないから。 …

20202/8

純粋に「オペラを聴きたい」という方々は、一体どの程度いるのだろうか

クラシックコンサートをつくる。つづける。という本を読んでいる。 クラシックコンサートをつくる。つづける。 内容紹介: 有名ホールで行う…

ページ上部へ戻る