ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。photographer_naokoのアタマの中。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。

© ときめきオペラ All rights reserved.

写真コレクション

お宝写真コレクション

数日前のことですが、FBを何気なくみていると❝Jose Carreras Says Farewell With Glorious Music Of A Lifetime❞という記事が、目に飛び込んできました。


まだ撮ってないのに〜。(←そこ?)

ハイ、そこです(-ω-)/
はなはだ不謹慎のようですが、写真家ってそんなイキモノです。

でも、引退の場合まだ良いのですね。
生きてさえいれば、チャンスは皆無ではありませんから。
最も動揺が大きいのは、音楽家の訃報を耳にしたときです。
えもいわれぬ脱力感にさいなまれます。

何で撮影の申込をしなかったのか~ (←不謹慎)

えぇもちろん、音楽ファンとして、偉大な音楽家の演奏を愛します。

一方では、写真に収めたいという、複雑な(屈折した??)思いがあるんですね・・・。
どのくらいかといえば「音楽家を見たら被写体と思え!」というくらいにです。

その点において、私という人間は、明らかに他の方とは違っているかもしれない。
けれど、そこに特別な理由は無いのです。
強いていうなら「写真家の自己満足」でしょうかね。

写真家ってそんなイキモノです。
または、私が変わり者なだけか?

写真コレクション

オペラグラファーの写真コレクション★お宝写真たち


*FB,twitterでのフォロー,お友達申請をお待ちしております(^^♪*
長澤 直子(FB)
operaview(twitter)


演奏家の方からの各種写真撮影お待ちしております✨
初台のアットホームなスタジオで、アイデアと技術でおもてなしします。
個人商店の強みと、オペラファンの視点で、他店にはない、きめ細かなサービスをお約束。
演奏家の方が、ハッピーになれる写真スタジオです。

集合写真撮影始めました🍀
6~7名様くらいまで(Septetくらいまで)が可能です。
・楽器有は4名様(クアルテット)くらいまで

ご予約・お問い合わせフォーム

少しでも気になる方、お気楽にDMください~。
どのような些細なご質問でも、親切丁寧にお答え致します。

オペラの舞台写真が得意なオペラグラファー長澤直子・演奏家写真公式サイトはこちらです。
演奏家写真ドットコム

現役オペラファンによる、勘どころを押さえた写真が毎回好評です。
撮影後に、一枚一枚丁寧に明るさや色合いをチェック。
舞台での一度きりの瞬間を、写真が永遠に残します✨
ご予算が限られている場合も、お気楽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

写真で損する。写真って損する。(涙)

http://tokimeki.opera-view.net/?p=2778 に書きましたが、 何で、こんな写真が撮れちゃうんだ…

おカネをかけて仕事をするということ「写真家」と「カメラマン」はどう違う??―――長澤の場合。

儲かるか儲からないかで決める 撮りたいか撮りたくないかで決める 今日は、ちょっとだけシリアスな投稿です。 仕事とは、単純に…

声楽家のイメージ 撮影用ドレスの制作

声楽家を写真で正しく視覚化することは、非常に難度が高いです。器楽奏者だったら、楽器を入れれば直ぐに理解して頂けますものね・・・。 他のジャ…

好きな人の写真を撮るのが好き

写真で幸せにしてあげたいと思って始めたのに、仕事にしたとたん、それができなくなった 悔しい お金がからむと狭まる …

20202/13

私がオペラの「写真」にこだわる理由➁「どうしてオペラは簡単には広まらないんだろう・・・」という素朴な疑問。

こちらの投稿は、私がオペラの「写真」にこだわる理由。「Axelみたいな写真を撮る人になる!」という密かな決意。から続いておりますǴ…

自分の出来ることでオペラを応援しよう

出来ることをしよう…

インスタのフォロワー整理 発信理由

http://xn--g7qu1qz2buw6aigj.com/archives/1123 http://tokimeki.ope…

20202/10

全体を見る写真

ついつい、大きく撮ろうとしてしまいます。 基本横位置です。 後ろから、全体を撮る。 全体を見る。小さくなるほど、写真は難しくな…

プロフィール写真に必要な、たったひとつのもの。余分に盛らない。

「その人らしさ」だと思うのです。 余分に盛らない。 「写真」の意味がないから。 …

20202/8

純粋に「オペラを聴きたい」という方々は、一体どの程度いるのだろうか

クラシックコンサートをつくる。つづける。という本を読んでいる。 クラシックコンサートをつくる。つづける。 内容紹介: 有名ホールで行う…

ページ上部へ戻る