ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。photographer_naokoのアタマの中。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。

© ときめきオペラ All rights reserved.

自分に出来ないことは、他人の力を借りる

先日、自分の能力で出来ることだけをやるべきだ、と書きました。

責任の持てることだけをやって行かないと。
自分の能力を超えて、何かしようとすれば、時間もおカネもかかってしまう。

出来ることと出来ないこと

ども、ふと思ったのですが、別の考え方もあるんじゃないだろうか・・・。
正しいかどうかはわからないけれど、物の考え方は、ただ一つではないはずなんです。

自分は不得手でも、他の人は得意ということがある。
だったら得意な人にお願いすれば、自分一人では無理だったことを実現できるかもしれない。

そんな風に考えて、何となく気が楽になったのでした。


*FB,twitterでのフォロー,お友達申請をお待ちしております(^^♪*
長澤 直子(FB)
operaview(twitter)


オペラの舞台写真なら演奏家写真ドットコムにお任せで安心!
店主の長澤は、オペラファンからその経歴をスタート。ファンの視点を生かした愛情溢れる写真の数々が、毎回好評です。
撮影前には、楽曲や出演者演出の傾向などを入念に下調べ。撮影後は、一枚一枚明るさや色合いを丁寧にチェック。
ご予算が限られている場合もご相談ください。
ご予約・お問い合わせフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

写真で損する。写真って損する。(涙)

http://tokimeki.opera-view.net/?p=2778 に書きましたが、 何で、こんな写真が撮れちゃうんだ…

おカネをかけて仕事をするということ「写真家」と「カメラマン」はどう違う??―――長澤の場合。

儲かるか儲からないかで決める 撮りたいか撮りたくないかで決める 今日は、ちょっとだけシリアスな投稿です。 仕事とは、単純に…

声楽家のイメージ 撮影用ドレスの制作

声楽家を写真で正しく視覚化することは、非常に難度が高いです。器楽奏者だったら、楽器を入れれば直ぐに理解して頂けますものね・・・。 他のジャ…

好きな人の写真を撮るのが好き

写真で幸せにしてあげたいと思って始めたのに、仕事にしたとたん、それができなくなった 悔しい お金がからむと狭まる …

20202/13

私がオペラの「写真」にこだわる理由➁「どうしてオペラは簡単には広まらないんだろう・・・」という素朴な疑問。

こちらの投稿は、私がオペラの「写真」にこだわる理由。「Axelみたいな写真を撮る人になる!」という密かな決意。から続いておりますǴ…

自分の出来ることでオペラを応援しよう

出来ることをしよう…

インスタのフォロワー整理 発信理由

http://xn--g7qu1qz2buw6aigj.com/archives/1123 http://tokimeki.ope…

20202/10

全体を見る写真

ついつい、大きく撮ろうとしてしまいます。 基本横位置です。 後ろから、全体を撮る。 全体を見る。小さくなるほど、写真は難しくな…

プロフィール写真に必要な、たったひとつのもの。余分に盛らない。

「その人らしさ」だと思うのです。 余分に盛らない。 「写真」の意味がないから。 …

20202/8

純粋に「オペラを聴きたい」という方々は、一体どの程度いるのだろうか

クラシックコンサートをつくる。つづける。という本を読んでいる。 クラシックコンサートをつくる。つづける。 内容紹介: 有名ホールで行う…

ページ上部へ戻る