ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。演奏家写真フォトスタジオ@初台店主、長澤直子です。のしあがり日記、本音で書いてます。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。趣味の着物リメイク,手芸,ワードプレス,各種デザインなど、もう何でもありです。

ブログ統計情報

  • 29,843 アクセス

人気の投稿とページ

昨日は、何とも言えない一日。ホント、人生何が起こるかわかりゃぁしない。我家の新しい時代が始まる日のハ…
エアコン購入前に、2回もキャンセルした話
ついにエアコン&冷蔵庫の購入
舞台写真を撮るうえで、私が最も大切にしていることは
舞台写真を「記録」としか思っていない方へ
扇風機があった・・・。
仕事に埋もれてバースデイ
写真≠錬金術ということを忘れがちな人たち
オペラのために。具体的に自分に何が出来るのかなぁと考えてみた。
生涯オペラチャレンジ❣❣❣❣❣

© ときめきオペラ All rights reserved.

20177/20

こんな写真を待っているv(*´>ω<`*)vあなたの「ファン」は、あなたが写っている写真が好き。オフショット編(←ファン目線です)

演奏家の方が、ご自身でブログなどに写真をアップされる場合も多いと思います。
ファンの皆さんとの交流の第一歩として、ご一緒に写真に収まるということも多いでしょう。
そうです、あなたの「ファン」は、あなたが写っている写真が好きです。
そして特に、こんな写真を見たいなぁ~と思っています。

➀笑顔の写真
あなたの幸せな姿に、ファンは夢と希望をもらいます。

➁大きく写っている
より近くに感じる。ただそれだけでも、ファンとしては嬉しいものです。

➃日常感のあるもの
普段はこんなファッション。ステージでは見られないリラックスした表情に、親近感をおぼえます。

➂意外な一面
趣味・嗜好品など、意外な共通点を見つけて、新たにファンになってくれる方も現れるでしょう。

如何でしたでしょうか。

記事の冒頭に、あなたの「ファン」は、あなたが写っている写真が好きと書きました。
今や携帯でも、ボタンを押しさえすれば、とりあえずは写ります。
しかし、写ってさえいれば何でも良いというわけでは、勿論ないのです。
「夢」や「希望」を感じる写真は、心と心のコミュニケーションに、必ずつながります。
どういう写真を載せるのかを吟味することが、大変重要です。
自分が載せたい(見せたい)・・・ではなく、お客さまがどんな写真を見たいと思っているのか、考えてみるとわかり易いと思います。

わからなかったり疑問を感じた場合は、どうぞ演スタにご相談にいらして下さいませ。どんな写真がお客さまに喜ばれるのか、ご一緒に考えましょう。
お問合せ・ご相談

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MODELS WANTED―GREAT OPERA SCENES

作品のモデルを務めていただける方を募集しています。オペラを題材とした写真作品集 GREAT OPERA SCENES(仮称)の作成を予定し…

ページ上部へ戻る