ときめきオペラ

ほぼ劇場、時々スタジオ。photographer_naokoのアタマの中。オペラ撮ってるか見てるか。たまに毒吐。

© ときめきオペラ All rights reserved.

201912/15

さよならバック紙!長い間お疲れさまでした!また会う日まで、どうぞお元気で!

バック紙なしで撮影可能な「白い箱」のような状態を目指して、演スタのリフォーム計画が進行中です。

今までは、スタジオを縦に使用していたので、入口を塞ぐようにバック紙を掛けていました。スタジオを少しでも広く使用したいという選択で、この状態にしていたのです。

欠点は、撮影中は外出が出来ず、ほぼ密室状態(⁇)になってしまうということ。
そしてもう一つ、紙のデメリットは、幅が制限されるということ。裾の広がっているドレス,グループ撮影,楽器と一緒の撮影,動きのある撮影,etc.・・・いろいろなケースで、紙の幅がストレスになっていました。幅制限がなければ、自由に動いたりということも楽になるでしょう。紙幅の中で撮影を考えないといけないという発想が無くなれば、撮影の自由度は高まります。

大きく撮って、紙幅に合わせてトリミングと加工。 壁と床をそのまま背景として使えれば、加工は最小限で済み、どこの場所に立つのも自由というわけです。

演スタの入口は全面ガラスでシースルーなので、目隠し用に、壁を作ってもらいます。
壁紙と床は、自分で地道に貼るので💦完成は2月末の予定です。


*FB,twitterでのフォロー,お友達申請をお待ちしております(^^♪*
長澤 直子(FB)
operaview(twitter)

舞台写真の他、宣材撮影も行っています。

「演奏家としてこうありたい」という夢を叶える✨

オペラファンの視点で、他店にはない、きめ細かなサービスをお約束。
演奏家の方がハッピーになれる写真がコンセプトのフォトスタジオです。

2019年12月スタジオ撮影可能日:
1(日),
2(月),3(火),4(水),6(金),8(日),
10(火),11(水),14(土),
18(水),23(月),28(土),29(日),
30(月),31(火)

演奏家写真フォトスタジオ

ご予約・お問い合わせフォーム

少しでも気になる方、お気楽にDMください~。
どのような些細なご質問でも、親切丁寧にお答え致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

写真で損する。写真って損する。(涙)

http://tokimeki.opera-view.net/?p=2778 に書きましたが、 何で、こんな写真が撮れちゃうんだ…

おカネをかけて仕事をするということ「写真家」と「カメラマン」はどう違う??―――長澤の場合。

儲かるか儲からないかで決める 撮りたいか撮りたくないかで決める 今日は、ちょっとだけシリアスな投稿です。 仕事とは、単純に…

声楽家のイメージ 撮影用ドレスの制作

声楽家を写真で正しく視覚化することは、非常に難度が高いです。器楽奏者だったら、楽器を入れれば直ぐに理解して頂けますものね・・・。 他のジャ…

好きな人の写真を撮るのが好き

写真で幸せにしてあげたいと思って始めたのに、仕事にしたとたん、それができなくなった 悔しい お金がからむと狭まる …

20202/13

私がオペラの「写真」にこだわる理由➁「どうしてオペラは簡単には広まらないんだろう・・・」という素朴な疑問。

こちらの投稿は、私がオペラの「写真」にこだわる理由。「Axelみたいな写真を撮る人になる!」という密かな決意。から続いておりますǴ…

自分の出来ることでオペラを応援しよう

出来ることをしよう…

インスタのフォロワー整理 発信理由

http://xn--g7qu1qz2buw6aigj.com/archives/1123 http://tokimeki.ope…

20202/10

全体を見る写真

ついつい、大きく撮ろうとしてしまいます。 基本横位置です。 後ろから、全体を撮る。 全体を見る。小さくなるほど、写真は難しくな…

プロフィール写真に必要な、たったひとつのもの。余分に盛らない。

「その人らしさ」だと思うのです。 余分に盛らない。 「写真」の意味がないから。 …

20202/8

純粋に「オペラを聴きたい」という方々は、一体どの程度いるのだろうか

クラシックコンサートをつくる。つづける。という本を読んでいる。 クラシックコンサートをつくる。つづける。 内容紹介: 有名ホールで行う…

ページ上部へ戻る